お腹の毛が濃い。女性は剃るだけの手入れはNG!

腹毛処理未経験者の女性へ

お腹の毛を剃るの簡単ですが、濃くなるのはイヤですよね? 腹毛といえば男性のイメージですが、女でもボーボーになります。

「はじめは産毛だったのに、剃ったら太くなった!!!」

↑このような体験談はよく耳にします。

わたし自身が、女なのに男よりも毛深くて、お腹の毛と戦ってきました。

その体験もふまえて、「お腹の毛が濃くなるのが怖くて処理できない人」「もともと濃い腹毛を薄くしたい人」の解決法を紹介します。

 

剃ったらお腹の毛は濃くなるのか?

カミソリの切断面が斜めにはいるので、太くなったように感じるだけです。

 

ただ、毛の太さは変わらないのですが、処理を続けるうちに見た目が汚らしくなります。

黒いブツブツができたり、毛穴が炎症をおこしたり、酷いと色素沈着します。

カミソリ、毛抜、シェーバー、ワックス、除毛剤、脱毛器、どれを使おうと肌にダメージは残ります。

もちろん人間のカラダには再生能力もあるので、肌も生まれ変わります。ただ、ムダ毛処理を続けると、皮膚の生成能力が追いつかなくなるし、年齢とともに修復する力も落ちます。

手で触ると肌がザラザラするようになったら要注意です。

 

ちなみに妊娠するとへその周りの毛が濃くなります。

脚などの毛は薄くなるのに対して腹毛は濃くなるのです。これは女性ホルモンのバランスが原因です。

 

腹毛が濃くならない方法

夏は水着になる機会も多くムダ毛処理の頻度も多くなります。

お手入れのダメージが蓄積していき肌荒れを起こすことも。毛穴が赤くなりお腹を隠すしか選択肢はなくなります。

可愛い水着が選べなくなるのはツライですよね。。。

 

じゃあ、カミソリで剃るのを止めて、お腹の毛を抜いたとします。

すると別の問題は発生して”埋没毛”ができます。黒いボツボツが出来てしまい見た目が最悪になります。

 

体毛が濃くてお腹に生える毛も剛毛な女性だと、脚等に使用する脱毛クリームで処理したいと思うかもしれません。

しかし成分が強い脱毛クリームは肌荒れが起こる可能性も高いです。

 

[次のお話は]

お腹が汚い!毛が濃い女でもツル肌にできました♪

 

haragegirlの人気記事

dfbdf

sge

dfbe

タイトルとURLをコピーしました